【麻雀】麻雀駅伝2018 2日目

全テーマ終了

PREMIUM

賞金20万円

Sponsored By AbemaTV

7月16日 16:00放送

AbemaTV
麻雀プロ3団体とアマチュア連合が激突する『麻雀駅伝』の2日目。昨年優勝のアマチュア連合、最高位戦日本プロ麻雀協会、日本プロ麻雀協会、そして現在トップに立つRMUの4チームが参加。2日目は一発・裏ドラなしルールで行われる。
  • 賞金20万円山分け

    麻雀駅伝2018 2日目の一発・裏ドラなしルールで1位(区間賞)になるのは?

    44,013

    受付終了

    確定

    片山まさゆき

    • 片山まさゆき

      × 8.31
    • 鈴木大介

      × 8.51
    • 坂本大志

      × 8.09
    • 水巻渉

      × 7.92
    • 鈴木達也

      × 7.01
    • 江崎文郎

      × 7.86
    • 阿部孝則

      × 8.01
    • 河野高志

      × 7.67
    • 片山まさゆき

      漫画家。麻雀をテーマにした多くの単行本を出版している。前回の『麻雀駅伝』では同ルールで4位に入った。

    • 鈴木大介

      将棋棋士。昨年の『麻雀駅伝』では同ルールで見事区間賞を獲得している。

    • 坂本大志

      最高位戦日本プロ麻雀協会所属。主なタイトルは、第4期最高位戦Classic 優勝。

    • 水巻渉

      最高位戦日本プロ麻雀協会所属。主なタイトルは第17、22、23期 發王位、第10期 麻雀マスターズ 優勝。

    • 鈴木達也

      日本プロ麻雀協会所属。第2・6・10期雀王。異名は「卓上のファンタジスタ」。

    • 江崎文郎

      日本プロ麻雀協会所属。主なタイトルは第15・16期雀竜位。

    • 阿部孝則

      RMU所属。主なタイトルは第19期・20期・21期 鳳凰位、第2期 日本オープン 優勝、第15期 麻雀マスターズ 優勝。

    • 河野高志

      RMU所属。主なタイトルは第19期 ・20期・21期 十段位、第6期・7期 麻雀マスターズ 優勝。

    前回優勝のアマチュア連合の逆転なるか?

    昨年行われた麻雀駅伝2017の一発・裏ドラなしルール(6回戦)では、将棋棋士の鈴木大介九段(アマチュア連合)が、トップ2回、2着1回で+101.4の圧勝。同チームの漫画家片山まさゆきもプラスポイントでまとめ、アマチュア連合がリードを広げた。